自分で使うにはAmazonギフト券チャージタイプが一番お得?

Amazonギフト券チャージタイプ

ギフト券という呼び方になっていますがチャージタイプは自分で利用することが想定されているAmazonギフト券です。
アマゾンサイト上で購入しコンビニ払いや電子マネー決済に対応しているためクレジットカードを持っていない人や、極力クレジットカードを使いたくない人にもおすすすめ。ネットショッピングでクレジットカードを使用するのはセキュリティの観点から心配!!と言った方にもおすすめ。
またネットバンキングをやっている人にも便利に使えます。

基本情報

まずAmazonギフト券チャージタイプがどんなものか?
・入手場所:Amazonウェブストアのみ。
・決済方法:クレジットカード決済、コンビニ・ATMネットバンキング・電子マネー払い
・購入金額:金額は¥15 – ¥500,000(15円〜50万円)の間で自由設定、1円単位で設定可能
・有効期限:10年(2017年4月24日以降に購入分)

メリット

・有効期限が10年。
・ギフト券番号がいらない。
・購入金額が 15円〜50万円の間で指定できます。
・すぐに使えるようになる。
・自動チャージ機能がある。
・クレジット決済以外も対応。

ウェブストアで購入できるAmazonギフト券でもクレジット決済にしか対応していないタイプが多い中、コンビニ払いやATM、ネットバンキング電子マネー払いに対応しているので、支払い方法が選択できるのは大きなメリットです。

他タイプのギフト券とは違いアカウントに紐づけるためのコードを入力せずに使えます。
今までは自分に対してギフト券をメールアドレスに送り、送られてきたコードを登録という作業が必要でしたが、こちらのチャージタイプは決済が済めば残高に反映されるようになり非常に便利です。

その他の電子マネーでの支払いも可能なため、余った残高を清算する際にも非常に便利です。15円以上1円単位での購入が可能なので重宝します。

VISA/Master Card/JCBなどのクレジット系プリペイドカード類の残高が余ってしまった時の処理にも。

Amazonでの購入の際にコンビニ払いをしていると、たまにコンビニ払いができない品物もありますが、このチャージタイプであれば問題なく購入できます。

デメリット

・プレゼント用ではない。
・Amazon内でしか利用できない。
・返金および返品ができない。
・一部購入できない商品、サービスがある。
・残額がわかりにくい
・チャージの反映までに時間がかかることがある。

支払いで気をつけなくてはいけなのは、購入の際にクレジット決済で購入した場合にポイントがつかないので、普段クレジットカードで購入している人は注意が必要です。

クレジット決済では反映まで時間が70分ほどとなっています。それ以外の決済方法だと若干時間がかかる。時間がかかる明確な基準も公表されていないようなので急ぎの時は避けた方が良いかも。

まとめ

5,000円以上の購入でもポイントがつく。
コンビニ決済ができて手数料もかからずに気軽に使える。
決済方法が選べますがそのメリットデメリットを把握しておいた方が良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。