Vプリカギフトカードを上手に使い切る!

Vプリカギフトカード

Vプリカギフトカードは3,000円と5,000円の2種類が発行されているプリペイド式のギフトカードです。
Life cardが発行するVISAブランドのカードなので、クレジットカードを持っていない、海外サイトや初めて使うサイトの支払いに持っているクレジットカードを登録したくない、ネットショッピングはしたいけどクレジットカードの登録に抵抗があるといった方には重宝するカードです。

コンビニなどで売られていて、POSレジで支払いをして有効化するカードなので、お店としても在庫や盗難のリスクが低いので、非常に普及してきているギフトカードです。

また名前のようにちょっとしたプレゼントをしたいけど、現金では生々しいといったときに気軽に贈れるのも魅力です。

Vプリカの規約に
“Vプリカギフトは、18歳未満の方による購入はできません。ただし、Vプリカギフトの譲受・利用において、年齢の定めはありません。”

とあるので、18歳未満でクレジットカードを持てなくても、利用することは可能。親御さんなどに買ってもらえば、18歳未満でもネットショッピンングでVISA決済ができるということです。

Vプリカギフトカードを上手に使い切る!!

Vプリカギフトカードは金額を指定しての購入ができないので、3,000円、5,000円の額面を余らせずに使うのは難しいかもしれません。
また有効期限も1年なので、端数を諦めなくてはいけないことも。
またVプリカギフトカードは最後に利用した日、もしくは有効化した日から未使用のまま3ヶ月すぎると、休眠カード維持費として残高から毎月125円引かれてしまします。

残高を一番上手に使い切る方法としては、Amazonギフト券がオススメです。
Amazonギフト券は様々な種類がありますが、Vプリカギフトカードの残高を使い切るのには、デジタルチャージタイプのものがオススメです。
デジタルチャージタイプのAmazonギフト券はAmazonのアカウントさえ持っていれば、次回のAmazonでの買い物に利用でき、金額も15円から1円単位でチャージ可能なので、端数も無駄なく利用できます。
また有効期限も2017年4月24日以降は10年に延長されたので有効期限を機にする必要もありません。
Vプリカギフトカードの利用が終わってチャージ金額が余ったらAmazonギフトに交換しておけば、3ヶ月後のカード維持費125円も払う必要がありません。

まとめ

Vプリカギフトカードはwebで買い物をするときにクレジット決済が必要な場面で非常に有用です、またアプリの課金などにも利用できますが、プリペイド式なので使いすぎも心配ありません。Amazonギフト券を利用することによって端数なども上手に利用できるます。
プレゼントとしてもかさばらずに渡せるのも魅了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.