知っておいて損はない?Tマネーとは?お得に貯める方法も!

Tマネー


Tポイントの会員数は6,000万人を突破して、日本国民の二人に一人は持っているほどメジャーなカードですがTマネーの知名度はとても低いです。
始まった時期もTカードが2003年から、Tマネーは2014年と10年以上開きがあるので今後知名度、利用機会が増えていくかもしれません。
Tマネーの形態としてはスイカなどと同じプリペイド式の電子マネーです。

Tマネーの利用方法

Tマネーの利用方法は非常に簡単です。TSUTAYAなどTマネー加盟店のレジでTカードに入金をするだけです。1,000円単位、最高3万円までのTマネーの入金ができます。

クレジットカードでのチャージにも対応。
サービス開始当初は現金かTマネーギフトカードでのチャージしかできませんでしたが、2017年3月よりクレジットカードでのチャージができるようになりました。

一部ですが、2014年6月1日以降に発行されたTカードで、裏面にTマネーに関する記載がないTカードはTマネーを利用することができません。

チャージ方法

・店舗で現金チャージ
1回のチャージで1,000円〜30,000円

・Webでクレジットチャージ
3,000円〜30,000円

・Tマネーギフトカード
3,000円 5,000円 10,000円
詳細はTマネーギフトカードは本当に使えるの?

Tマネーが使えるお店

電子マネーのチャージ・支払いの両方に対応。

ファミリーマート
TSUTAYA
蔦屋書店
ドラッグイレブン
ウエルシア
ハックドラッグ
タウンプラザかねひで
東武ストア
フエンテ
ドラッグユタカ
など

電子マネーの支払いにのみ対応。

東京ワンピースタワー
TSUTAYAゲーム
など

現在のところTマネーが全国的に使える加盟店はファミリーマートとTUTAYAくらいだと思っていていいかもしれません。
その他のTカード加盟店でTポイントがたまる店舗は多いものの、Tマネーが利用できる加盟店はまだまだ少ないです。

Tマネーのメリット

Tマネーメリットは、支払いとTカードを提示することによって貯まるポイントです。

支払いの獲得ポイント

月額利用500円につきTポイントが1ポイントたまります。
一回の支払いが500円に満たなくても、月の利用量の合算に対してたまるポイントです。
溜まったポイントは1ポイント1円として利用できます。

提示した際の獲得ポイント

Tポイント加盟店で支払いの際に提示することでポイントが貯まります。加盟店によって金額は異なりますが、税別100円〜200円で1ポイント貯まります。

メリットはそんなにない?

ポイントの還元率だけで見た場合、Tポイント加盟店でなおかつTマネー加盟店であるファミリーマートで利用した場合でも最大で0.7%なので、他の電子マネーと比べた場合特別高いものではありません。

まとめ

Tマネーのメリットを受けるには現状だとファミリーマートを中心とした使い方がメインです。
クレジットでの24時間WEBからの入金に対応し、オートチャージもできるようになり使い勝手はどんどん良くなっています。
今後さらに還元率や利用店舗が増えていけば、Tカードの保有数は多いので一気に広がるかもしれません。

Tポイントも貯められるポイントサイトmoppy(モッピー)、無料登録でお得に使えます!登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.