Amazonギフト券マルチパックの特徴と使い方

Amazonギフト券マルチパックカードタイプ

人に贈り物をする時にセンスを問われたりなかなか難しいこともありますが、現在アマゾンで売られている1億を超えると言われる商品の中で間違いのないプレゼントはAmazonギフト券です。
礼儀上そのまま現金を渡すのが好ましくない場面にも活躍するAmazonギフト券。
今回紹介するのはAmazonギフト券マルチパックカードタイプの特徴メリットデメリット使い方。

基本情報

まずAmazonギフト券マルチパックカード タイプがどんなものか?
・入手場所:Amazonウェブストアのみ。
・決済方法:クレジットカード、コンビニ払い、ネットバンキング、電子マネー払い、ATM.
・購入金額:金額は¥20,000(¥2,000×10枚)と¥30,000(¥3,000×10枚)の二種類
・有効期限:10年(2017年4月24日以降に購入分、それ以前は1年)

メリット

・有効期限が10年!!
・クレジットカードのポイントもWで獲得できる!!
・送信日時を指定できる。
・コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いにも対応している。

以前は有効期限が1〜3年と短かく金額によっては使いきれず無駄にしてしまうと言った声もありましたが、2017/04/22以降は有効期限が10年となり、有効期限の心配なく贈れるようになったのでプレゼントとしてますます重宝する存在です。

デメリット

・金額の選択肢が少ない。
・Amazon内でしか利用できない。
・ギフトラッピングが雑な時がある。
・たまにアクティベートされていないカードがある。
・枚数が間違っている時がある

デメリットを上げてみましたが下3つはマルチパックが始まった当初見られたデメリットで、現在はだいぶ改善されたようです。

まとめ

他のAmazonギフト券と大きく違う点として、10枚で1セットとして売られているので、たくさんの人にプレゼントしたい時などのシーンに活躍するAmazonギフト券です。
誕生日や送別会、入学祝いや出産祝いなどのちょっとした贈り物の時に購入する人も多いようです。現金を送るのは気がひける、そんな時に現金よりいやらしさがなくて、迷った時のプレゼントに最適なAmazonギフト券。
Amazonギフト券マルチパックカードタイプは送料がかからないので、Amazonで買い物をした際に送料を浮かす際に利用するのもありです。
ただし自分で使うときに、10回コードを入力したりとめんどくさいこともあるので、送料を浮かすための購入であれば、他のAmazonギフト券購入をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.