全国百貨店共通商品券の基本情報や注意点

全国百貨店共通商品券

紙幣タイプの商品券と言えばクレジット系のギフトカードやビール券などを思いうかべる人も多いと思いますが、全国百貨店共通商品券もその名の通り日本全国で利用できるので、贈り物にも重宝します。
若い人は百貨店やデパートに行かない人も増えているので、全国百貨店共通商品券をもらっても使い道に困るといったことがあるかもしれません。
その反面年配の方への贈り物としてはステータスもあり、Amazonギフト券などより重宝する商品券です。

詳細

種類:1,000円
有効期限:なし
おつり:でる

全国百貨店共通商品券の額面は1,000円の一種類ですが、発行した百貨店の名前が入っています。

名前が入っている百貨店以外でも利用できます。
有効期限は設定されていないので急いで使い切る必要はありません。
またおつりも出るので、金額を気にせず利用できるのも全国百貨店共通商品券の利点です。

全国百貨店共通商品券の購入可能場所

日本百貨店協会の加盟店舗で購入可能です。
この際購入した百貨店の名前が入った全国百貨店共通商品券になります。
もちろん購入した百貨店以外でも利用可能です。

金券ショップや、ネットオークションなどでも購入可能です。
金券ショップでの販売価格は980円〜995円ほどで売られています。
おつりが出て有効期限もないので、換金率は高めに設定されています。

全国百貨店共通商品券の利用可能店舗

一部ではありますが、以下の有名百貨店で利用できます。

・高島屋
・三越
・大丸
・阪急百貨店
・西武
・伊勢丹
・小田急百貨店
・松坂屋
・東急百貨店
・京王百貨店
・パルコ
・天満屋ストア
・山形屋ストア
・阪急オアシス
・そごう
・さいか屋
・丸井今井
・さくら野百貨店
・藤崎
・京成百貨店
・近鉄百貨店
・藤井大丸
・京阪百貨店
・井筒屋

これ以外にも全国百貨店共通商品券取り扱いマークのある店舗で利用可能です。

注意点

ショッピングセンター内のテナントなどでは利用できないこともある。
発行元が破産、倒産してしまうと全国百貨店共通商品券は他の百貨店でも使えなくなってしまうことがあります。
その点で発行元によって金券ショップでの換金率に差が出てくるようです。

まとめ

全国百貨店共通商品券は利用できる店舗も多く有効期限もないので、もらった際には自分で利用するのが一番お得に使う方法です。
百貨店での買い物はしない人でも換金率は高めの商品券などで、金券ショップなどで買い取ってもらうのも一つの手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.