驚異の還元率2%!!LINE Payカードの魅力。

LINE Payカード

コミュニケーションツールとして今ではなくてはならないLINE(ライン)。
コンビニのプリペイドカード場ではLINEプリペイドカードとLINE Payカードの2種類売られている店舗も。

LINE Payカードは、実店舗でも利用できるプリペイド式のカードです。コンビニや銀行口座から気軽にチャージができ、コンビニやスーパー、ネットショッピング様々な用途で利用できます。
また買い物のたびに、利用金額100円ごとに2ポイントが貯まり、貯まったポイントはLINEスタンプや着せ替えの購入にも使えます。

詳細

LINEユーザ向けのプリペイドカードなので、LINEのアカウントが必須。
プリペイドカードなので審査不要。
入手方法:LINEアプリ内からの申し込み、コンビニなどでカードを購入する。
LINEアプリ内の設定、LINE Payから申し込み可能。ただしカード到着までに1〜2週間ほどかかります。
コンビニで購入できるタイプは1,000~10,000円の範囲でチャージ金額を選ぶバリアブルタイプ。
レジで支払いを済ませ、LINEアプリで利用開始手続きを行えば、すぐに利用できるようになります。

チャージ限度額:本人確認をした場合(LINE Money)1,000万円。本人確認を行なっていない場合(LINE Cash)10万円。
1回あたりの代金決済の上限は1回あたり100万円。

選べる種類

LINEアプリ内での申し込みでは現在のところ6種類のデザインが選べます。
到着までに1〜2週間かかってしまいますが、好きなデザインを選べるのもメリット。

注意点としてデザインは一種類しか選べないので、もしデザインを変更したい場合は一度解約手続きが必要です。

使える場所

利用できる場所はJCBカードが利用できるお店であれば使えると思って大丈夫。
ただし一部JCBカードが使えて、LINE Payカードの使えない店舗もあるようです。

LINEスタンプやアプリの課金、ネットショッピングはもちろん、コンビニやスーパーなどでも利用できるので、使い場所が少なくて困ることはなさそうです。
またJCBブランドのプリペイドカードなので、国内1,000万店舗以上、海外も合わせると3,100万店舗以上で利用でき、今後増加傾向にあります。

お店での利用はJCBカードでの支払いと伝えるだけ、プリペイド式なので残高以上の支払いができないのと、1回払いにしか対応していません。お店によってはサインを求められることもあります。

プリペイド式のカードなので当然チャージをしないと支えませんが、チャージの方法はコンビニ、銀行口座、チャージ専用口座、Pay-easy、オートチャージなどがあります。

まとめ

LINE Payカードの最大のメリットはプリペイドカードなのにポイント還元がつき、還元率は驚異の2%です。

LINE Payカードはクレジットカードを利用できない人や、まだ持てない年齢の人でも、審査も不要でコンビニなどでチャージでき、前払いなので使いすぎる心配もありません。
またポイント還元などのないプリペイドカードも多いなか、LINE Payカードの還元率2%はとても魅力的です。
LINEアカウントが必須になりますが、自分にあった使い方が見つけられるカードです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.