旅行好きにはおすすめ?ツーリスト旅行券の基本情報

ツーリスト旅行券

旅行好きな人にプレゼントするにはもってこい?
近畿日本ツーリストの発行するツーリスト旅行券の使える場所やおつり事情。
自分がもらったときに知っておきたい基本情報。
またふるさと納税の返礼品としても注目を浴びました。

詳細

種類:1,000円 5,000円 10,000円
有効期限:なし
おつり:あり
おつりが出る商品券ですが、1000円以上のおつりの場合はツーリスト旅行券で、1000円未満の場合は現金でおつりが出ます。
利用場所:全国の近畿日本ツーリスト支店・代理店、KNTツーリスト営業所の窓口で利用できます。

ツーリスト旅行券を使う

ツーリスト旅行券の利用範囲
各種JRの乗車券、指定券、グリーン券、特急券やその他のトクトク切符(周遊券やフルムーンパス、ナイスミディパスなど)に。
その他私鉄や観光タクシー、レンタカー、定期観光バス、長距離フェリーなどのクーポンや切符に。
東京ディズニーランドなどの観光施設の入場料や食事などに。
基本的に近畿日本ツーリストの窓口で購入できるものであれば利用可能なようです。
ただ一部商品(トラベラーズチェック、旅行券、B’wayなどの商品券、JR回数券、書籍、物品)などには利用できません。
注意点としては近畿日本ツーリストの各店舗で売られているチケットなどの購入に当てられますが、直接施設などで入場券などを購入することはできません。基本的に近畿日本ツーリストの店舗でしか使えないものと思っていた方が良いようです。

お得に使う

何と言ってもツーリスト旅行券の特徴としておつりが出るということです。
ただ注意点としておつりはが1,000円以上の場合は商品券が渡され、1,000円未満の場合は現金で渡される点。
有効期限も特に設定されていないので、金券ショップで現金化するより無駄なく利用できます。

ただ近畿日本ツーリストの店舗や旅行の予定がなく使う機会が限られている場合は、金券ショップでの換金も視野に入れた方がいいです。

おつりがでる商品券なので、金券ショップでの取り扱い価格も若干高めです。
自分で旅行をするときに金券ショップで安く購入できればお得に利用できます。

まとめ

あまりメジャーでない近畿日本ツーリストのツーリスト旅行券ですが、ふるさと納税の返礼品として、手に入れることも可能で知る人ぞ知る商品券になりました。
ツーリスト旅行券で検索をすると、ふるさと納税のページも検索できます。
返礼品として金券は賛否が分かれるものなので、今後も同様にふるさと納税で取り扱われるかはわかりませんが、興味があればぜひ調べてみることをオススメします。

ツーリスト商品券の金券ショップでの買い取り価格などはだいたい95%位で買い取ってくれるので、返礼品に迷った時などは選択肢に入れても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.