とても簡単iTunesカードのチャージ方法

iTunesカード

iPhoneやiPadを利用している場合、無料のアプリでもある程度のことができますが、有料アプリやゲームのアプリ内課金、iBooksで電子書籍、iTunesで音楽を購入する際には通常クレジットカードを利用します。
iTunesカードはクレジットカードを使いたくない人や、持っていない人でも課金やアプリ購入ができるプリペイド(前払い)式のカードです。

クレジットカードをApple IDに登録していると、意外とiTunesカードを使ったチャージをしたことが無いという方も多いようです。コンビニなどのキャンペーンで10%増量キャンペーンなどを行なっていることもあるので、チャージ方法を知っていて損はありません。
今回はiTunesカードを使ったチャージ方法を写真付きで解説します。

iTunesカード基本情報

販売されている1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルの5種類があり、バリアブルカードは1,500円〜50,000円の間で1円単位の入金ができます。
またiTunesカードに有効期限はありません。

チャージ方法

アプリを起動

まずiPhone の“App Store”を起動します。

コードを使う

一番下までスクロールすると“コードを使う”が出てくるのでタップします。

Apple IDにサインイン

“iTunes Storeにサインイン”が出てきたら、
チャージするAppleアカウントの“Apple ID”と”“パスワードを入力し“OK”をタップして サインイン。

コードの読み取り画面が出てきます。

キーボード入力画面

キーボードで直接コードを入力することもできますが、

カメラで読み取る

“カメラで読み取る”がおすすめ!

カメラ起動

“カメラで読み取る”をタップするとカメラが自動で起動するので、iTunesカード裏面のコードを読み込ませます。

引き換え成功

読み込みが完了すると、“コードの引き換えに成功しました。”
が出てくるので、右上の完了をタップして完了!

クレジット確認

“App Store”の一番下のApple IDの下にチャージした金額が表示されるのでアカウントの残高を確認できます。

注意点

1.チャージが完了するまでレシートは取っておく。
稀に“このコードは利用できません”と出ることがあるので、レシートを持って購入店舗で交換してもらう。

2.一度チャージしたら使い切るしかない。
アカウントにチャージした場合、チャージ金額を他のアカウントに移動することはできません。

3.コードを他人に見せない。
コードを入力すればiTunes card自体がなくてもアカウントにチャージすることが可能です。他の人に使われてしまわないように。

まとめ

とてもシンプルで簡単にチャージができるiTunesカード。
クレジットカードを登録せずにAppleのコンテンツを楽しむことができます。
iPhoneの利用率も高いので、ちょっとしたプレゼントにも!最適です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.