楽天Edyギフトカードを上手に使う為に知っておきたい事!

Edyギフトカード

楽天が提供する、プリペイド式の電子マネー「楽天Edy」にチャージでききるプリペイドカードです。
Edyギフトカードを利用するには、Edyカードもしくはおサイフケータイ(Edyアプリ)が必要です。

詳細

額面:300円 500円 1,000円 2,000円 3,000円 5,000円 10,000円
有効期限:2年間

Edyカードの種類は全部で7種類
チャージ式のプリペイドカードなのでおつりは出ません。
あまり店舗などでは売られていることはなく、企業の販促・PRように配られる事が多いようです。

使い方

Edyギフトカードはその他のプリペイドカード同様持っているだけでは使えません。
Edy番号をWebサイトで登録することで、EdyギフトIDを登録し、Edyカードやモバイル端末にチャージして初めて使えるカードです。
実際位に使える電子マネーに以降させる手続きが必要です。
それとともにチャージする実際のEdyカードが必要です。

Edyギフトカード登録

登録にはこちらのサイト。
簡単な流れ
1.
Edy番号とEdyギフトIDの登録
16桁のEdy番号と、Edyギフトカードのスクラッチ部分のギフトIDの16桁を登録。
2.
登録内容の確認
Edy番号に間違いが無いかの確認がでる。
3.
登録完了

Edyギフトカード注意点

ギフトカードをEdyカードにチャージするにはWeb上でサイトにアクセスして登録する必要がある。
番号などを間違って登録しても、ギフトの移動などが難しい。
登録完了してからも手続きが必要。
チャージまでが非常にわかりづらい。
登録完了後60日以内に受け取り手続きをしないとポイントが無効になってしまう。

まとめ

あまりEdyギフトカードを手にする機会は無いかもしれませんが、金券ショップなどでの取り扱いも多くありません。
ただ使える店舗は大手コンビニをはじめEdyが使える端末が置いてあるお店で利用可能です。
プレゼントとして選ぶことはおすすめしませんが、懸賞などで手に入れた場合は自分で使い切るか、普段からEdyカードを利用している人にあげてしまうのがいいかもしれません。
楽天ギフトIDへの登録が必要だったり意外とめんどくさいカードです。

楽天Edyにもチャージができるポイントが貯められるポイントサイトmoppy(モッピー)、無料登録でお得に使えます!登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.