コンビニでAmazonギフト券シートタイプを購入する方法。

Amazonギフト券 シートタイプ

コンビニなどで購入できるので非常に便利なシートタイプ。
ちょっとしたお礼やプレゼントに最適なAmazonギフト券、Amazonの利用者も増えてきているのでプレゼントとして送る人も増えています。
以前だとJCBギフトカードや図書カードなども選択肢にあったかと思いますが、扱っている商品も1億点以上を売りにしているので、貰った人のことを考えると自分で好きなものを選択できるので失敗もないと思います。様々なタイプのギフト券があるAmazonギフト券でシートタイプを選ぶ理由は?

基本情報

まずAmazonギフトシートタイプがどんなものか?
・入手場所:店舗
・決済方法:現金のみ
・購入金額:3,000円 5,000円 10,000円 30,000円 50,000円
・有効期限:10年(2017年 4月24日以降に購入分、それ以前は1年)

基本的な使い方は他のAmazonギフト券と一緒ですが、店舗に置いてあるPOSAカードは在庫の関係で置いてない種類があることも。
デザインは味気ないものなのでプレゼント用には向いていませんが自分で使うには十分です、クレジットカードがなくてもAmazonで買い物ができます。

もちろんAmazonのアカウントが必要になりますが、支払いを済ませればほとんどタイムラグなくアカウントにチャージできるので急な買い物にも対応しています。

メリット

・有効期限が10年
・クレジットカードがなくてもAmazonで購入できる
・店舗での売り切れの心配がない。

デメリット

・クレジット決済ができない。
・プレゼント用ではない。
・金額が決められたものしかない。

購入方法

マルチメディア機器で発券

コンビニなどにおいてあるルチメディア機器で発券します。
コンビニによって呼び方は様々です。

選択画面

①はじめに“プリペイドサービス”を選択します。

②“電子マネー・音楽・動画”を選択。

③次に“電子マネー”を選択。

④“Amazonギフト券”を選択します。

⑤希望の金額を選択します。

⑥金額と枚数を確認すれば、オーダー内容が印字され出てきます。

⑦レジで代金を支払えば購入完了です。
※ほとんどの店舗で発券から30分以内に会計を済ませないと無効になってしまうので、注意が必要です。

まとめ

以前は有効期限が1年でしたが現在は10年になっているので、期限をきにする必要が無くなり、より便利になりました。
プラスチックカードのタイプのPOSAカードは在庫がなかった場合に購入できませんが、シートタイプは在庫の心配がほとんどありません。
ただしバリアブルタイプはないので、1円単位で金額を指定しての購入はできません。
1円単位で商品を購入し使い切りたいときは、カードタイプのバリアブルを購入する必要があります。

ただし、Amazonギフト券シートタイプのデザインはギフト用ではありませんので、自分でAmazonを利用する時に使うタイプのAmazonギフト券です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。