QUO(クオ)カードで買えないものは?その理由は?

QUOカード

なにかと貰う機会が多いQUOカード(クオカード)。
実際QUOカードどのお店で利用できるのか?何かお得に利用できる方法はないのか?
買えないものはどんなものか?
そんなQUOカードの疑問を解消!
手元にQUOカードがあるという方は参考にして貰えればと思います。

詳細

額面:300円 500円 700円 1,000円 2,000円 3,000円 5,000円 10,000円
有効期限:なし

QUOカードの額面は8種類で、以前は有効期限があるものも存在しましたが、現在発行されているものは基本的に有効期限はありません。

QUOカードを有効に使う

一番有効的な使い方は買い物で使いきってしまう方法です。
QUOカードが利用可能なお店の中に普段行きつけのお店があれば、そこで額面を使い切るのが一番お得に使う方法です。もしくは大手コンビニであればだいたい利用できるので、普段あまりコンビニに行かなくても、ちょっとした外出をした際に、お財布の中にQUOカードを入れておけば意外と使う機会もあるはず!基本的にセブンイレブンやローソン、ファミリーマートといったコンビニで利用できるので、できればコンビニなどでの利用がおすすめです。

使い方

使い方は簡単。店頭で「QUOカードで支払いをお願いします」と店員さんに伝えればそれでOK!プリペイド式なのでもし会計金額以下のチャージしかない場合でも、現金もしくはクレジットカード2枚目のQUOカードでの支払いでもOK!
注意点としては電気代やガス代携帯電話などの公共料金や、切手やハガキといった金券の支払いにはQUOカードを使うことが出来ません。
またQUOカードでタバコの購入できません。
クオカードでタバコが買えない理由としては、税金徴収の絡みがあるからです。

利用できるお店

コンビニ

ローソン
ファミリーマート
セブンイレブン
サークルKサンクス
ポプラ
などなど

ファミレス

ガスト
バーミヤン
デニーズ
藍屋
などなど
ファミレスは基本的にセブン&アイホールディング系統のスカイラークグループで利用できますが、それ以外は利用できないと思っていた方が良いようです。

書店・本屋

意外と使えるお店が多いのが本屋さん、ブックファースト、有隣堂、三省堂、ジュンク堂、丸善、啓文堂書店、それ以外にも紀伊国屋の一部店舗でも利用可能です。

金券ショップで売る

それでもQUOカードを使う機会がなかったり大量にQUOカードが手元にある場合は、金券ショップに売ってしまう方法も。QUOカードはコンビニなどで利用できるので買い取り価格も高めで92~95%が主流です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.