Quoカードは実はお得に使える?購入するなら。

プリペイドカードの中でも最もよく見かけるカードの一つQuoカード(クオカード)。企業の懸賞やプレゼントなどで手にする人も多いのでは?

このQuoカード、コンビニやファミリーレストラン、書店やガソリンスタンドなど加盟店で利用できるので非常に便利です。

ただ利用するだけでなく、自分で購入して利用するのも実はお得なんです!
今回はQuoカードをお得に購入、利用する方法!

Quoカードをお得に購入

結論から言ってしまえば、10,000円のQuoカードを購入する事です。
実際は10,180円の額面のQuoカードが10,000円で購入できるので1.8%お得に購入できます。

Quoカードの額面は300円、500円、700円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の8種類があります。

お得に購入できるのは10,000円と5,000円のものです。
5,000円も額面は5,070円なのでこちらは1.4%お得に購入できます。
それ以外の額面のものは全て購入金額と使える金額が一緒なので、10,000円、5,000円のQuoカード以外はお得に使うことはできません。

またQuoカードは店頭以外にインターネットで購入することもできますが、別途送料や振り込み手数料がかかってしますので、よほど大量に注文しないとお得には購入できません。

セブンイレブンでnanacoを利用して購入

Quoカードを購入する際には店頭購入がお得ですが、特にオススメなのが電子マネーであるnanacoカードで購入できるセブンイレブンです。
nanacoカードにクレジットカードでチャージし、クレジットカード会社にもよりますが、nanacoへのチャージでもポイントがつくカードがあるのでキャンペーン時などを狙うとより還元率が上がります。

ローソンで利用する

コンビニのローソンでもQuoカードは利用できます。
このローソンでの買い物の際Pontaカードも併せて利用できるので、会計の際にPontaポイントが税抜き100円ごとに1ポイントたまります。
Pontaポイントは1ポイント=1円で利用できるので還元率は1%です。

金券ショップで購入

Quoカードは非常に多く出回っているぶん、金券ショップなどでの取り扱いも多いプリペイドカードです。
ここでもやはり少額の額面より5,000円、10,000円のプレミアムが付いている額面がお得です。お店によっては10,000円のQuoカードが9,800円ほどで売られているところもあるので、Quoカードが使えるお店を頻繁に利用する方は金券ショップでの購入もオススメです。

QUOカード注意点

購入できないものがある。
Quoカード加盟店であるコンビニなどでもタバコや切手、ハガキやギフト券の購入や、公共料金の支払いはできません。

まとめ

Quoカードで一番目にする額面は1,000円や500円の額面のもので、懸賞やプレゼントなどで手にする人も多いかと思います。
意外と知られていないQuoカードを自分で購入してお得に利用する方法でした。

さまざまなポイントが貯められるポイントサイトmoppy(モッピー)、無料登録でお得に使えます!登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.