意外な使い方があるこども商品券

こどもギフト券

こどもギフト券あまりなじみのない人も多い商品券ですが、調べてみると使える場所が想像以上に多く以外な一面がある商品券です。
昔はおもちゃ券と呼ばれていたようですが、1996年に現在の名称こどもギフト券に変更、おもちゃ以外の利用拡大を図っているようです。
当然子供だけしか使えないと言ったこともないので安心です。

詳細

額面:500円 1,000円
有効期限:あり
おつり:出ない

株式会社トイカードが発行しているこども商品券。額面は500円と1,000円の二種類発券されています。
有効期限が設けられていて、発行された年によって違いますが大体4年ほどのようです。券にわかりやすく有効期限が記載されているので、失効してしまう前に使い切りたい商品券です。

おつり

こどもギフト券にはおつりが出ないので、額面以上の買い物、サービスに当てる必要があります。もちろん足りない分は現金やクレジットカードで支払えます。

利用場所

全ての百貨店で使えるわけではありませんが、有名百貨店やスーパーでも取り扱っている場所があります。
またおもちゃなどの購入だけでなく、水族館や遊園地、動物園や牧場などのアミューズメントパークの入場料として利用できるところもあります。
地域によってはタクシーも使えます。

主な利用場所
百貨店・デパート
近鉄 京王 京阪 小田急 京急 松坂屋 阪急 そごう 高島屋など

スーパー
イオン 西友 ライフ 平和堂など

専門店
トイザらス エディオン 上新電気 キディランド ベビーザらスなど

タクシー会社
東京無線タクシー km  沖縄交通など

加盟店マーク

このシールが貼られている店舗で利用できます。

購入方法

ウェブで購入
FAXで注文
販売加盟店で購入
金券ショップやオークションで購入

ウェブでの購入もできますが、クレジット決済には対応していないので、郵便振替・銀行振込・代引きと手数料がかかります。送料も別になっているので購入は取り扱っている店舗に行くのが良さそうです。

金券ショップでも取り扱っています。大体相場的には98%ぐらいで売られているのでもし使う機会があるのであれば買いものを2%引きでできます!
オークションなどでは手数料などを考えるとよっぽど安くなければ購入は考えた方がいいようです。

まとめ

調べてみると意外と利用場所が多い商品券なので、出産祝いやこどもの誕生日などに送るのもありかもしれません。
ベビー用品や文房具を取り扱っているお店でも利用可能なので おもちゃ以外にも使える商品券です。
ただ首都圏や大都市券であれば使うところに困ることはなさそうですが、地域によっては、使えるお店が豊富にあるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.