Amazonギフト券封筒タイプの特徴メリットデメリット使い方。

Amazonギフト券封筒タイプ

ちょっとしたお礼やプレゼントに最適なAmazonギフト券、Amazonの利用者も増えてきているので送ることに抵抗もなくなってきています。
以前だとJCBギフトカードや図書カードなども選択肢にあったかと思いますが、扱っている商品も1億点以上を売りにしているので、貰った人のことを考えると自分で好きなものを選択できるので失敗もないと思います。様々なタイプのギフト券がある中封筒タイプを選ぶ理由は?

まずAmazonギフト券封筒タイプがどんなものか?

基本情報

・入手場所:Amazonオンウェブストアのみ。
・決済方法:クレジットカード決済・代金引換、コンビニ・ネットバンキング・ATM
・購入金額:3,000円 5,000円 10,000円 30,000円 50,000円
・有効期限:10年(2017年 4月24日以降に購入分、それ以前は1年)

Amazonギフト券を無料で入手!!

こちらのサイトへアクセスし、メールアドレスの登録で参加者全員にアマゾンギフト券10,000円相当がもらえるキャンペーンを実施中!!
※今のところスマホからのみの応募になっています。

メリット

・有効期限が10年。
・クレジットカード決済以外にも対応
・通常配送量は無料
・プライム会員であればお急ぎ便でも無料で当日もしくは翌日受け取り可能

通常発送であれば送料がかからないので、様々な場面で活用できるタイプです。
お礼やお詫び、ちょっとした返金の際にも活用できます。
住所を知っている相手にはギフト設定をすることによって直接送ることも可能なので、手渡しできない相手にも贈れるのは魅力です。Eメールタイプなど現物が手元に残らないものに比べてプレゼント感は増します!!
有効期限が10年に伸び、ギフト券としてますます重宝する人も多いです。

デメリット

・Amazon内でしか利用できない。
・返金および返品ができない。
・購入時にメッセージを入れることができない。
・稀にエラーとして有効化されていないカードが送られることがある。
・ポスト投函

金券ですがポスト投函されることもあり、金額が高額な場合は結構不安になるようです。
またメッセージを入れて送れないので直接相手に送るのは避けた方がいいかもしれません。
最近のレビューでは傷や汚れの報告はあまりないのでその点は改善されたようです。

まとめ

アマゾンで気軽に買い物ができるAmazonギフト券封筒タイプ。相手を選ばずに送れる点と気軽さからプレゼントとしても重宝します。
クレジットカードを使わなくてもAmazonの決済ができるので、安心して使えるのも魅力です。
プレゼントするまでに若干の余裕があれば最高の贈り物に!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください