気になるAmazonギフト券おつり事情は?

Amazonギフト券とは

Amazonギフト券はネット通販Amazonで金券として利用できるプリペイド式のギフト券です。ただAmazonのギフト券は様々な種類があり全てを把握する必要はありませんが、知っておくとお得に使えるギフト券です。
そのAmazonギフト券のおつり事情。

おつり事情

Amazonのギフト券はAmazonアカウントに紐づけて利用するものなので、基本的に使い切るまで利用できるのでおつりといった感覚はありません。またクレジットカードをアカウントに紐づけている場合、優先的にAmazonギフトでチャージした金額が消費され、足りないぶんをクレジットカードから引き落とされるので意識しないで使っている方が多いようです。
ただクレジットカード決済をしていなくて端数が残るのが気になる人もいると思います。
そこで買い物で余らせない方法をいくつか紹介します。

端数をどうするか

まずウェブストアで購入できるタイプのものは金額指定(15円〜500,000円)を指定できるので、金額ぴったりに購入可能です。

コンビニで売られているものも、金額が指定されているものもありますが、バリアブルタイプの物を購入する事で解決できます。
ただし、これはあらかじめ欲しいものの金額、場合によっては送料を含めた金額ぴったりに購入する必要があります。

端数を出さずに上手に使う

そのオススメの購入方法はウェブストア購入のチャージタイプをコンビニ決済で購入する方法。
チャージタイプのAmazonギフト券は名称こそギフト券となっていますがこのタイプは自分で利用する事がメインとなっています。
以前はコンビニ決済などをやっていませんでしたが、現在ではネットバンキングやATM払いにも対応するようになり、金額も15円から指定できるようになっているのでぴったりの購入、支払いが可能です。

チャージタイプはコンビニ払いなどが終わりだいたい70分で使えるようになるとのことですので、急ぎの場合はオススメできませんが、時間に余裕のある時はこちらを購入すればおつりも気になりません。

上手にAmazonギフト券を入手する方法!!

こちらのサイトへアクセスすると、メールアドレスを登録するだけで参加者全員にアマゾンギフト券10,000円相当がもらえるキャンペーンをおこなっている事も有ります。
※今のところスマホからのみの応募になっています。期間限定のようなので、キャンペンをしていない時もあるようです。

まとめ

以前はAmazonギフト券の有効期限が1年〜3年と短いこともあり、端数を余らせておくと使い切れるか心配はありましたが、現在のAmazonギフト券は有効期限が10年となっているのでその心配も少なくなっています。
ただ端数が残っているのが勿体無いと感じることも。そういったときにはクレジットカードを利用しなくても、端数を解消できる方法があることを知っていれば解消できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。