知っておいて損はない!Vプリカ基本情報!

Vプリカとは

Vプリカとはなんなのか?
クレジットカードブランドであるVISAのプリペイド式カードです、ギフトカードではありませんが抑えておくと今後の役に立つかも。

Vプリカとはネット上で利用できるバーチャルプリペイドカードなのでクレジットカードとは違う使い方ができます。
また取得に審査は必要なく、コンビニなどの端末で金額をチャージして利用できるので、クレジットカードを持っていなくてもネットでクレジット決済ができるようになります。
主な使い方としてはインターネット専用のVISAプリペイドカードなのでVISAで決済できるサイトであれば通常のクレジットカードと同じように利用が可能です。

ただし上限は一回の決済で10万円まで。
サブスクリプション(月額利用料金)の支払いなど一部対応していないこともあるので万能ではありません。

Vプリカの購入方法

コンビニで購入する。
額面:2,000円 3,000円 5,000円 10,000円
販売価格:2,200円 3,200円 5,200円 7,280円 10,390円

それぞれ使える金額にプラスされています。
コンビニのマルチコピー機や端末で発券し、レジで会計を済ませて利用できます。

また手持ちのクレジットカードを使えば店頭に行かずチャージすることも可能です。

Vプリカの有効期限は

購入してから1年間になっています。Vプリカ自体は実物を利用しないバーチャルプリペイドカードなので、Vプリカのサイトにアクセスし、確認する必要があります。

Vプリカのメリットやデメリット

月額利用料の支払いに対応していない。通常のクレジットカードですとポイントが貯まるが、Vプリカではポイントが貯まることはありません。手数料が3,000円に対して200円、10,000円で390円と結構高いです。
また最後にカードを利用してから3ヶ月すぎると休眠カード維持費として毎月125円残高から引かれます。残高が0になったら終了です。
実際の店舗の支払いには対応していないと言ったデメリットはあります。
Vプリカギフトカードの利用に必要なものは、カードの裏にある認証番号とカード番号のみで使えるところ、アカウント情報の入力など必要なく気軽に使えるのが魅力です。

まとめ

VプリカにはVプリカギフトというコンビニや家電量販店のPOSAカード売り場で購入できるギフト券もあります。
若干利用方法や手数料が違いますが、基本の的には同じサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。