タカシマヤギフトカードや髙島屋商品券の基本情報

タカシマヤギフトカード

現在様々なギフトカードがありますが、百貨店の髙島屋が発行している電子マネー型のギフトカード。
タカシマヤ独自で発行しているギフトカードなので、タカシマヤでしか使えませんがカードの種類が方法です。
スタンダードな「ミリオンロースタイプ」3種類に加えて、ネクタイやアクセサリーの図柄が書かれている「アイテムタイプ」や自分の好きな写真を利用して作成する「オーダータイプ」23種類のデザインから選べる「メッセージ」タイプなどがあります。
高島屋をよく利用する方への贈り物にはいいかもしれません。

基本情報

金額も図柄のタイプによって異なりますが、基本的には500円〜100,000円のチャージが可能です。
チャージは500円単位で現金でのみ可能となっています。
プリペイド式のギフトカードなので繰り返しチャージして使えるので、お気に入りの図柄を使い続けられます。

注意点

タカシマヤギフトカードは一部利用できない売り場があるようです。
またタカシマヤオンウェブショップでは利用できません。

髙島屋商品券

髙島屋ではギフトカードだけでなく髙島屋商品券も発行しています。
額面:1,000円券 5,000円券 10,000円券 20,000円綴券 30,000円綴券 50,000円綴券 100,000円綴券
桐箱に入れて贈れるみたいなので特別なプレゼントの際に。
桐箱代は別途かかります。

まとめ

高島屋商品券とタカシマヤギフトカード共に利用できる場所は髙島屋に限られているので利便性はあまり良くないかもしれません。
ショッピングモールやスーパーなどで気軽に使えないので、クレジットカード系の商品券やギフトカードに比べて使い勝手は良くありません。
デパート自体に行くことがない人や若い人にプレゼントするのはなかなかハードルが高いと思います。
マナーや礼儀にこだわる世代に「結納返し」「結婚のお礼返し」としては格式もあり桐箱などの用意もあるので髙島屋商品券を贈るのは最適です。

普段から髙島屋を使う方へのギフトとしてはいいかもしれませんが、使う場所が限られていて、今ではAmazonギフト券など便利で使い勝手もいいギフトカードも多くあります。あえてタカシマヤギフトカードや髙島屋商品券を選ぶことは多くないと思います。
あまり高島屋に行かない人には使い道に困る商品券ですが、日常的に高島屋を利用する人にはありがたいものです。

またギフトカードは髙島屋各店舗の端末などで残金確認がでるので、あまりギフトカードを使い慣れていない人にも配慮しています。シニア層への気のきいたプレゼントになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。