初心者必見!仮想通貨を持つメリットとデメリットとは?

2017年は『仮想通貨ブーム』の幕開け!

2017年は『仮想通貨元年』とも言われた年でした。
テレビCMやネット広告などでも仮想通貨やビットコインの名前を頻繁に目にするようになったことで、「名前だけは知っている!」という人も増えているようです。

さて、そんな人の中には「一度でいいから仮想通貨を持ってみたいけど不安…」と思っている人も多いはずです。どんな物事にも表と裏があるように、当然、仮想通貨を持つことにもメリットとデメリットがあります。

ここでは、そのメリットとデメリットについて簡単にまとめています。
これから仮想通貨の勉強をし始める人は、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨を持つメリット

世界共通の価値を持っている

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインなど仮想通貨には1000以上の種類がありますが、これらの価値は世界共通で同じです。たとえば、ある時点での1BTC(=ビットコインの単位)の価格が日本円で90万円だとしたら、アメリカでもヨーロッパでもアフリカでも1BTCは90万円ということになります。

法定通貨(円やドルなど)は国によって価値が違うので、為替レートによって価値は変わりますが、仮想通貨にはそのような概念はありません。特に、買い物や支払いの手段として普及しつつあるビットコインは、両替不要で世界中で手軽に使える通貨として注目されています。

将来性が期待されている

仮想通貨はその無限の可能性から、『法定通貨に変わり得る新たな通貨』として将来性が期待されています。特に、通貨の発行や管理が銀行や政府といった中央機関に依存していないため、ハイパーインフレや預金封鎖といったリスクが少ない点も、その期待の理由です。

また早めに勉強したり保有したりしておくことで、いざ日本に普及し始めたときに、周りに遅れを取ることなく有効に使うことができます。

仮想通貨を持つデメリット

投機的な側面がある

投機とは、『不確実だが当たれば利益の大きいことをねらってする行為』のことです。需要と供給のバランスによって秒単位で価格が変わる仮想通貨には、投機的な側面が強くあります。

価格(価値)が不安定というこのような特徴は、「興味本位でとりあえず持っておきたい」、「ショッピングのためのお金としてずっと持っておきたい」という目的で購入を検討している人にはデメリットになり得ます。

まだまだ情報が少ない

これから仮想通貨を始めようとしている人にとっては残念なことに、世間に出回っている仮想通貨に関する情報はまだまだ少ないのが実情です。書店に行けば分かると思いますが、仮想通貨やビットコインに関する書籍は他のジャンルに比べてかなり少ないです。

ネット上には「仮想通貨」で検索した場合、2017円11月20日現在で約814万件の検索結果が出ます(検索エンジン『Google』)が、100%信頼できるWebサイトやブログ記事は限られています。

初心者にとって「どの情報を信じればいいのか?」を見極めるのが困難な点は、大きなデメリットと言えます。

仮想通貨の購入はすべて自己責任!

ここで紹介した、『中央機関に依存しない』、『投機的な側面がある』といった法定通貨にはない『自由さ』は、すでに仮想通貨を持っている人にとっては大きな魅力でもあります。ただ、自由には責任が伴うことも忘れないようにしましょう。特に投機目的での購入を考えている人は、まずはしっかりと勉強して小額から始めることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。