現在商品券は何種類くらいある?送るのに最適なものは?

商品券は何種類くらいある?

現在様々な商品券がありますが一体何種類くらいあるのか?
贈答品として代表的な商品券といえば、次のような物があります。

セブン&アイ共通商品券

ジェフグルメカード

ぐるなびギフトカード

おこめギフト券

おこめ券

ビール券

こども商品券

イオン商品券

全国百貨店共通商品券

びゅう商品券

ハーゲンダッツギフト券

ダイエー商品券

Amazonギフト券

ANA旅行券

商品券のおすすめは?選び方のポイントについて

商品券を贈る時にまず考えることは相手が使いやすい商品券を選ぶことです。
上にあげた商品券の中ではJCBギフトカードやVJAギフトカードが使える店舗も多く金額も枚数によって調整できるので便利な商品券と言えます。

贈る相手の年代によっても贈るカードを考える必要があります。
例えばお子さんの居る家庭であればコンビニなどでも使えるクオカードや図書カードもありかもしれません。
ただし使える場所や用途が限られてくるので 万人うけするギフトではありません。

年齢層の高い相手であればデパートの商品券などもステータスの面でおすすめです。高島屋商品券などの限られたデパートでしか利用できない商品券よりも、全国百貨店共通商品券の方が利用場所を選べる点で気の利いた贈り物になります。
今若い世代ではデパートでの買い物より、身近なスーパーなどで使える商品券がオススメのようです。JCBギフトカードやVJAギフトカードはデパートでも利用できなおかつイオンなどのスーパー量販店でも利用できるので、選ばれることが多いです。

ニッチな商品券

少し前はお中元やお歳暮にビール券なども使われていたようですが、今あまりビール券やお米券を貰ってもあまり使う機会が無いので、あまり用途が限られている商品券はオススメではありません。

商品券を貰ったら

商品券をもらった時に、利用できる店舗が多く額面以上の買い物も容易なものであれば、使い切るのが一番お得に利用できます。
どうしても使わないものは金券ショップなどで買い取ってもらいうというのも手ですが、ものによっては額面の8割くらいでしか買い取ってもらえない覚悟が必要です。

まとめ

商品券に限りませんが、贈答品の場合は贈る人の好みよりも、贈られる人の年齢や家族構成、何を好むかによって向き不向きが出てきます。もちろん、贈る側の考え方にもよるけど、ステータス等を考えるのでなく、相手にとって実用的かどうかをじっくり考えて選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。