Google Play ギフトカード バリアブルカードの使い方

Google Play ギフトカード

Google Playギフトカードは、プリペイド(前払い方式)のカードの一種です。カードの裏面に記載されたコードを入力することで一定の金額がGoogle Playにチャージされ、Google Playを介して提供される各種コンテンツやサービスの料金(アプリ・マンガ・映画・音楽・ニュースの購入、LINEコインのチャージ、ガチャやアイテムなどアプリ内課金など)に利用できるようになります。
携帯電話会社の利用料金と合わせて支払うキャリア決済や、クレジットカードによる決済手段が使えない場合も課金できるほか、チャージ(購入)した金額分しか使えないので、知らず知らずのうちに使いすぎてしまったということがないのが、こうしたプリペイドカードの大きな利点です。

バリアブル購入方法

バリアブルカードは1,500円〜50,000円の間で自由に金額を決めて購入できるものです。
額面の決まったカードだと、必要な金額以上だと無駄になることもありますが、バリアブルカードの場合はその心配がありません。
購入の仕方としてはレジで店員さんに入金したい金額を伝え、支払いが終了するとアクティベートされます。
クレジットカードが利用できないもしくは、したくない人も決まった額をチャージできるので非常に便利です。

コンテンツ購入だけじゃない

アプリ購入
映画&テレビ
音楽
書籍
ニューススタンド
端末

Google Playカードで購入できるものは上記の6ジャンルですが、一番使い方の用途として多いのは圧倒的にアプリ内課金のようです。
Googleアプリの売り上げランキングを見ると、上位はほとんどゲームになっています。

また意外なのが端末、どんなものが購入できるのかは時期のよって異なりますが、本記事執筆の時点ではChromecastやヘッドフォンなどを取り扱っていました。基本的にGoogleストアでの買い物にも対応しているようです。

チャージ方法

アプリを起動

まずandroid携帯 の“Play ストア”を起動します。

メニューボタン

検索ボックスの横にある“≡”をタップ。

メニュー画面

“コードを利用”をタップします。

コード入力画面

コード入力画面が出てくるので、ギフトカードのコードを入力します。
英数字で20文字、英語は大文字小文字に注意して入力。

コードを利用

登録するアカウントやコードの入力間違いがないか確認して“コードを利用”をタップ。

アカウントの確認画面

“アカウントの確認”画面が出てきます、アカウントと金額に間違いがないかチェックして、“確認”ボタンをタップ。

登録完了

読み込みが完了すると、“¥〇〇〇〇が追加されました。新しい残高は¥〇〇〇〇です”
が出てくれば登録は完了です。

残高の確認

“メニュー”の“アカウント情報”でGoogle Playの残高を確認できます。
アカウント情報→お支払い方法の順でタップ。

お支払い方法画面

“Google Playにおける残高”でチャージした金額をいつでも確認できます。

まとめ

Google Playギフトカードのバリアブルタイプの便利なところは金額が指定できる点にあります。
その他の額面の入っているGoogle Playギフトカードの場合お店としては全部で8種類もあり結構場所をとります。
また金額が決まっていればいいですが、人は選択肢が多いと逆に選べなくなることもあるので、お店としてはバリアブルカードと3〜4種類のギフトカードを置いているところが多いようです。

Google Playで利用できるポイントが貯められるポイントサイトmoppy(モッピー)、無料登録でお得に使えます!登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。