Vプリカギフトカードを使えるようにするには!

Vプリカギフトカード


コンビニなどの店舗で売られているVプリカギフトカード。
個人情報の入力なしにすぐに使えるので、Webで買い物をするときに非常に便利です。
今回はコンビニでVプリカギフトカードを購入し、実際に利用するまでの流れを簡単に紹介します。

Vプリカギフトカード詳細

コンビニなどのカードコーナーで売られている額面は、3,000円(販売価格3,250円)と5,000円(販売価格5,290円)の二種類。
クレジットカードと同様にネットショッピングができるプリペイドカードです。
VISAブランドのプリペイドカードですがウェブ専用なので実際の店舗での利用はできません。

詳細はこちらの記事を参照
Vプリカギフトカードのメリットデメリットなどの基本情報

Vプリカギフトカードの利用法方法

サイトへアクセス

まずVプリカの専用サイトへアクセスします。
http://vpc.lifecard.co.jp/gift/
Vプリカギフトの案内や利用方法が乗っていますが、下に出てくる“Vプリカギフト”をクリック。

カード情報確認画面

別タブでカード情報確認画面が立ち上がります。

利用規約確認

チェックボックスが3箇所あるので内容を読み、チェックして“次へ”をクリック。

カード情報入力画面

ギフトカードの裏面のスクラッチを削り
認証番号とカード番号を入力します。

認証番号は15桁の半角英数字ですが、英字の大文字小文字に気をつけて入力します。
カード番号はクレジットカード同様16桁ですが、入力は下4桁だけです。
最後に画像認証の英数字を入力して“確認”ボタンをクリックします。

照会画面

登録が完了すると照会画面が出ます。
ここで現在の残高とセキュリティコードが確認できます。
※この画面をスクリーンショットで保管しておくのがおすすめです。
利用の際にいちいちセキュリティコードと有効期限の確認の為に認証番号を入力する必要が無くなります。

Vプリカギフトカード注意点

・Vプリカギフトカードはネットショッピング専用プリペイドカードなので、実際の店舗で利用することはできません。
・Vプリカギフトカードを利用するにあたりアカウント開設は不要ですが、認証に携帯電話の番号が必須になります。ただしそれ以外の個人情報の入力の必要はありません。
・Vプリカギフトカードは残高が余った場合、アクティベイトして4ヶ月目から“休眠カード維持費”として月額125円が引かれます。これはカードの残高が0円になるまで引かれます。

まとめ

Vプリカギフトカードを利用して余った金額はAmazonのギフト券購入がおすすめです。
Amazonギフト券チャージタイプであれば面倒なコードの入力もなく15円〜1円単位で購入可能です。

Amazonギフト券をお得に手に入れる方法!

Amazonギフト券10,000円相当を無料で入手することも可能です。
登録は簡単!ポイントサイトはじめてでも安心してご利用頂けます。
詳細はこちら
※スマホからのみ対応しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。