バニラVisaギフトカードの知っておくと便利な基本情報

バニラVisaギフトカードとは?

VISAカードが使用できる場所であればどこでも使えるバニラVisaギフトカード。
ネット決済したいけど、そのためにクレジットカードを作るのは煩わしい。
クレジットカードをネットで登録したくない人にもおすすめです。

実店舗で使えるのはもちろんネットでの買い物やゲームの課金もできます。
※ネット利用の場合は初回のみサイトでのパスワード登録が必要です。

買ったその場から普通のクレジットカードと同じように使えます。
セブンイレブン、ファミリーマート、一部の家電量販店、ドラッグストアなどで気軽に購入できるプリペイド式のカードです。

バニラVisaギフトカードの主な特徴

額面:3,000円 10,000円の2種類、共に手数料は300円。
コンビニやドラッグストア、スーパーなどで気軽に買えるVISAブランドのプリペイドカード。
審査や年会費なども不要で、VISAカード使えるお店であればネットでも実店舗でも利用可能。
最大の特徴として、POSAカードの場合インターネットなどのECサイトでしか利用できないものがほとんどですがバニラVISAギフトカードの場合、VISAを取り扱っていいる実店舗でも利用できます。

バニラVisaギフトカードのキャンンペーン

たまにキャッシュバックキャンペーンを行っているのでチェックしてみるとお得に使えます。

バニラVisaをはじめとしたプリペイドカード(Amazonギフトカード、Google playカード、iTunesカードなど)は本人利用が大半を占めますが、アメリカでは「贈る人がプレゼント選びに困らない」「贈られた人が使い道を自由に選べる」といった実用性の高さからギフトアイテムとして人気が高く、多くのカードが専用のギフトボックスと一緒に購入されています。
日本においても店頭でプリペイドカードが売り始められた2008年から売上規模は年々増加しています。コンビニではPOSAカードを置いていないお店を探すのが難しいほどです。

バニラVisaギフトカードは使い方も簡単!

バニラVisaギフトカードの利用は店頭でも、ネットでも可能
基本的にVISAカードを取り扱っているお店ならばOKのようです。
注意点としては月額利用の支払いなどはできないサイトもあります。
詳しくはこちら

バニラVisaギフトカードのまとめ

バニラVisaギフトカードは事情があってクレジットカードが作れない方や、未成年の方、海外サイトなどクレジットカード情報を入れたくない時には強い味方になります。
ネットショッピングや、Amazonや楽天での買い物も可能なのでプレゼントに困ったら使ってみるのもおすすめです。

現金やポイントが貯められるポイントサイトmoppy(モッピー)、無料登録でお得に使えます!登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。