全国共通おこめギフト券を使う際に知っておきたいこと!

全国共通おこめギフト券

日本人であれば主食のお米を購入する機会もあると思いますが、おこめギフト券という商品券を利用したことがある人はそんなに多く無いかもしれません。
そんなおこめギフト券プレゼントとして喜ばれるものなのか?

おこめギフト券詳細

発行元:JA全農(全国農業協同組合連合会)
額面:500円
購入場所:全国のJA、百貨店、スーパー、お米販売店
有効期限:なし
おつり:出ない
引き換え価格:440円

おこめギフト券が使える場所は全国のJA、百貨店、スーパー、お米販売店など全国の約10万店舗で利用可能です。

おこめギフト券に1kgと印字されていますが、これはあまり意味が無いようです。
このおこめギフト券1枚で1kgのお米と交換できる訳ではありません。
1kg500円のお米でも相場より高めです。
(執筆時点の統計局発表の全国お米相場はコシヒカリを除く5kgあたり2006円1kgあたり401円)

正確な引き換えレートは裏面に書かれています。
1、この券は、「全国共通おこめギフト券取扱店」の表示のあるお米販売店で、お米440円文とお引き換えします(JA、スーパー、デパート等)。現金および他の商品とのお引き換えは、いたしません。
2、この券ご利用に際しましては、お釣り銭が出ないよう440円以上でご利用ください。また、現金等他の支払い手段と合わせてご利用いただくことができます。
3、この券をお買い求めのお客様に流通経費の一部をご負担いただいております。
4、この券の盗難・紛失または減失等についての責任は、負いかねます。
5、この券は、有効期限がありませんのでいつでもお使いいただけます。

60円の差額分はギフト券を発行するための経費(流通経費、券の印刷代等)となっているようで、この仕組みはビール券などと同様ですとの説明も全農のHPに記載があります。
また裏には販売店名や販売年月日が記載されていないものでも有効に利用できるということです。

似たような商品

似たような商品券でおこめ券というものがあります。

こちらは農協ではなく全国米穀販売事業共済共同組合発行で額面や販売価格は同じです。

まとめ

お米ギフト券を自分で購入して使うことはおすすめできません。
また現在では多種多様なギフト券が発行されているので、わざわざお米券を選んで贈ることも無いかとは思いますが、何かの景品やギフトでいただいた際には自分で使い切るのが一番お得に使えます。

金券ショップでの取り扱いもあるようですが、そこまで換金率がいいものでも無いようですし、オークションやネットショッピングでもわざわざ取引をするほどでも無いのか、出品自体も多くありません。

結論としてはおこめギフト券を贈答用にあげるのは避けたほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。